矯正歯科

矯正歯科というと、口元の見た目を綺麗にするというイメージがありませんか? もちろん、美しい歯並びにすることも矯正歯科の大切な目的です。しかし、乱れた歯並びによる問題はそれだけではありません。ブラッシングが行き届かず虫歯になってしまったり、顎に負担がかかってしまったりするなど、悪い歯並びは全身の健康にも大きく影響します。

矯正治療は通常の虫歯治療と異なり、費用や時間がかかる点から、治療をためらわれている方も多いかと思います。当院ではお子様から大人の方の患者様に合わせた治療方法をご用意しております。

大人(何歳〜)

①ブラケット矯正

プラスチック/セラミックブラケット

プラスチック/セラミックブラケットという治療法では、歯1本1本につけたブラケットという装置をワイヤーでつなげたものです。
歯科の中で1番メジャーな矯正方法です。
保険が効かず高額になってしまいがちですが重度の歯並びでも綺麗に治療すること出来ます。

¥300,000〜¥800,000+消費税

取り外し可能な矯正治療

② クリアアライナー

クリアアライナーは取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。定期的に少しずつ形を変えたマウスピースを交換していきます。
ホームホワイトニングを同時にすることが出来ます。
軽度の歯並びの患者様むけで重度の歯並びの方には適していませんが矯正治療の中では比較的治療費が安いです。この矯正治療の最大のメリットは透明のマウスピースなので矯正してることが目立ちにくいです。

¥300,000〜¥500,000+消費税

子供歯並び矯正

子供の心配な歯並びのタイプ

受け口


いわゆる反対咬合(はんたいこうごう)です。

下の歯が上の歯の前に出てしまって、咬み合わせが反対になっている状態です。

奥歯に虫歯が生じやすくなり、サ行やタ行の発音が不明瞭になってしまう場合があります。
 
 
 
 

開咬


奥歯を噛んでも前歯や横側の歯の上下に隙間ができてしまい、きちんと咬み合わせることができない状態です。
咬み合わせがズレてしまっているため、前歯でものを噛み切ることができませんし、通常よりもものを咬むときに使う咀嚼筋(そしゃくきん)という筋肉にかかる負担が大きく、顎関節症のリスクも高くなります。審美的な問題ばかりか、健康面に与える影響も少なくありません。

出っ歯


上の前歯が強く前に突き出ていたり、上顎全体が前方に傾いていたりする状態のことです。上顎前突(じょうがくぜんとつ)とも呼ばれます。外見に及ぼす影響が大きく、精神的負担を抱えてしまうケースが少なくありません。
口が常に開いた状態になりやすく、口内が乾燥してしまうことから、虫歯や歯周病になりやすい環境が作られます。また、当然食べ物を適切に噛むことが難しいため、子供の健全な成長を妨げてしまう恐れもあります。

当院ではこれらの治療をプルオルソという取り外し可能で治療費も比較的他の矯正治療より安い治療法を行っています。

●マウスピース型で取り外し可能です。
●6歳から10歳くらいまでのお子様に適している
●装着時間は就寝時と家にいる時のみで十分なので学校に持っていく必要はありません。
●期間は1年内と短め
●シリコン由来の柔らかい素材

¥60,000+消費税